人気ブログランキング |

陽気な犬と暮らす、トホホ日常を、あなたにお届けよん。


by jack1pooh

2004年 06月 24日 ( 1 )

a0017817_192847.jpg
旅行
そして、2日目。
今日は早朝から、イルカウォッチング、シーウォーカー、シュノーケリングができちゃう、あとバイキングランチつき、うっわー、盛りだくさんツアー大人1人135ドル。に参加。

旅のお仲間は、うちら2名の他に5名、総勢7名。バスに乗り、ランチをとるレストランへと連れて行かれ、とりあえず個室?会議室みたいな部屋で、今日のツアーの説明と耳抜きなどの講習を受ける。わたくしは泳げないし、鼻が悪い。耳抜きがうまくいくか、その点が懸念事項。そして健康状態などの報告書を書く。(アレ?同意書みたいなの書いたっけ?思い出せない笑。あがっていたんだなー)

再び、バスに乗り海中展望塔へ。ここへは前回もきました。今回も強引に二人並ばせられて、写真を撮られ(モチロン、うちのチームは、強烈な笑顔をお見舞いしたぜ!ぎらっ。目は、寝不足で死んでる)その写真入カンバッジを強力セールス・・買わないケド。笑。でもネタになるから、買ってもよかったかもっ。

どうして、南の海の魚は綺麗なんだろか。決しておいしそうではない。でも美しい。集められた水族館でもない、自然の海に、鮮やかな身体が舞う。
係のダイバーの方がえさをまいてくれるので、魚が沢山寄ってきて、細かな点も、透明なひれも、よくわかる。

サカナのヤツらも「又へんなやつ、きとんなー」と思っていたことであろう。笑。

そんなこんなで、シーウォーカーだよお客さん。

展望塔の近くにびったり係留してある、ちょっとした船?みたいなのに乗り込む。そこで再度、耳抜きのことや、海中では、話すことができないので
「歩いて」「しゃがんで」「トラブル発生」などの手のサインを教わる。

さあいよいよ・・順番だと、あのカップルから潜るのかな、と思ったらいきなしうちのチームにお声がかかる。ギョエッまだ心の準備がっ。うなぎいぬは泳げないんだよー
絶体絶命のうなぎいぬであった   つづく  
(写真は後日、替えるかもしれません。とりあえず、グアムのきめ細かい、熱い砂をお楽しみ下さい。)
by jack1pooh | 2004-06-24 19:30 | 新・珍道中記