陽気な犬と暮らす、トホホ日常を、あなたにお届けよん。


by jack1pooh
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ラジオ体操。の危険性について

夏休みの風物詩。

オトナになって、職場で「朝礼でやることにしましょう」とか言われると、黒い気分だ。
体育祭で「入場門に整列ー」の号令にだらだらと、並び注意を受ける、やんきーさんたちみたいだと、自分でも思ってしまうくらいだらだらとやる。
いや、やることにしているのだ。

小学校4年の頃「秋の大運動会」に向けて、学年全員集まっての合同練習があった。校歌斉唱に始まり、小さく前に習えだの、まさに小さい事まで、びっちり「通し」の練習だ。

昔の小学生は、めちゃめちゃまじめだ。組対抗意識も高まり
「3組は注意された。4組は一人も注意されないよう、がんばろう」など盛り上がる始末。
そして、ラジオ体操だ。新しい朝が何度来たんだ、な程、反復練習だ。

指揮をとっていた、体育会系の教師が言った。
「この中に一人、盆踊りを踊っているヤツがいるー!次にやったら名前をいうからなー!」
それは大変だ。手足をもう、伸ばす所は伸ばし、曲げられる関節はすべて、咳込む位に曲げるのだ。力の限り、身体のすべてを使い切った体操が終わった。

「うなぎいぬ!お前だー!だーだーだー・・」

すぐさま始まる「やり直しラジオ体操」の音楽。
「ええっこれ以上、なにをどうすればよいの?」
一生懸命、真剣にやったんだけど・・それがまずかったのか?ぼんやりそう気づきつつ、

伸ばす所を8割伸ばし、曲げられる間接は8割曲げた。
その後の練習は、なにがあったのかよく覚えてない。
ただ、頭の中は「エッ。どうしたらいいの。わからないー。台風」が吹き荒れていた。
どうにか合同練習が終わった。

通常、教師に注意された後は
「いわれてたねー」とトモダチに、おちょくられたりするのが当時の慣習で、「一生懸命やったのにー」と言い訳もでき、気も晴れるというものだ。
ところが、誰もワタクシに話しかけない、のだ。
「盆踊り」と言われることなんて、めったにない、出来事なのに。
おかしいなー。
後で色々考えると、私は衝撃で顔色が変わっていたんだろう・・な。笑。悪くて、誰も触れることができなかったのだ。

おそらく、あのときのワタシは、「悲壮な盆踊り」を踊っていたのだと思う。

ワタクシは「一生懸命にやると、非常に危険」な、ラジオ体操を、これからは、一生懸命不真面目にやることにした。
これはこれで、随分と細い危険な道なのだよ。
[PR]
by jack1pooh | 2004-07-31 00:18 | 雑談するの会?